EasyBlocks Syslogのバックアップログを利用してデータをリストアしよう!

この記事では、EasyBlocks Syslog シリーズや EasyBlocks Network Reporter からバックアップしたログデータをリストアする方法について紹介していきます!

以前の記事で紹介しましたログの自動バックアップ方法により、EasyBlocks Syslog のログデータを NAS にバックアップしました。しかし、

ログの表示が分かりやすい WebUI 上から見たい…

初期化した後の EasyBlock Syslog に以前のログを復元したい…

という場合もあります。EasyBlocks Syslog の WebUI にはログ表示機能が備わっており、色分けや統計からログの種類を見分けることが出来ます。また、フィルタリング機能によりログの種類や表示期間等といった情報を絞ることも可能です。

そのためログデータのリストア方法を知っていれば、バックアップしていたログデータを再びWebUI上で分かりやすく把握することが出来ます。

 

ログの自動バックアップ方法については、コチラの記事で紹介しています

EasyBlocks Syslogのログを自動でバックアップしよう!
この記事では、EasyBlocks Syslog シリーズや EasyBlocks Network Reporter の保存されている大事なログデータをバックアップする方法について紹介していきます! ...

 

はじめに

リストアをするログデータは、以前の記事にて EasyBlocks Syslog のログのバックアップ先とした BUFFALO LS220DNBシリーズ の NAS になります。

NAS について軽く説明しますと、ネットワークに接続可能なハードディスク(HDD)のことです。同じネットワーク上であれば、別々のユーザー間で保存されたデータの操作・管理が行えます。

NAS からパソコン(PC)を経由し、EasyBlocks Syslog 上にログデータを送信します。

 

製品環境

NAS:BUFFALO LS220DNBシリーズ(LS220DN0402B ), ソフトウェアバージョン: 1.78

NAS と EasyBlocks Syslog は共通ネットワークにLAN接続しています。

 

リストアの手順

まず、WebUI のサービスのログ管理を開き、左下のアップロードの[ファイルの選択]をおします。

 

エクスプローラーが展開されるので、NAS のファイルからリストアしたいログデータを選択します。
今回は10月分のログデータをリストアします。

NAS から直接ログデータをアップロード出来ない場合は
ログデータをパソコンにコピーした状態で選択するとアップロード出来ます。

 

その後、ファイル管理の一覧にダンプファイルとしてログデータがアップロードされます。

ダンプファイル:元のファイルからそのまま出力されたファイル。

この時点ではまだリストアされていません。

 

ファイル管理のログデータを選択し、[リストア]をおすとリストアが開始します。

※月毎のログデータがリストア出来ます。

 

リストアが終了すると、画像のようにテーブル管理に選択したログの月テーブルが反映されます。

 

これでログデータのリストアは完了となります。

完了後はログ表示やログ統計からリストアしたログを見ることが出来ます。

 

最後に

今回は、EasyBlocks Syslog にバックアップしたログデータをリストアする方法について紹介しました。ご参考になれば幸いです。

また、EasyBlocks Network Reporter でも同様の手順でリストアが可能です。

EasyBlocks Syslog シリーズ | ぷらっとホーム株式会社
EasyBlocks SyslogアプライアンスはSyslogサーバー専用機です。年々肥大化していくログ情報に対して、汎用サーバーでは、保存領域の問題や管理も容易ではありません。簡単に導入・設定作業が...
EasyBlocks Network Reporter | ぷらっとホーム株式会社
「EasyBlocks Network Reporter」はヤマハ製RTXルーター製品のCPU・メモリの使用率やネットワークトラフィックの負荷状況などを日々するレポーティングする機能に加え、各種サーバ...
タイトルとURLをコピーしました