IoTゲートウェイソフトウェアがFW4.0.7にアップデートされました

OpenBlocks IoTシリーズOpenBlocksマイクロサーバーシリーズに搭載されているIoTゲートウェイソフトウェア「FW4」がFW4.0.7にアップデートされました。この記事では追加された機能や、新たに対応したセンサーについてご紹介いたします。

新たに4機種のセンサーとのノーコード接続に対応

4機種のセンサーが新たに対応センサーとして追加され、OpenBlocksからノーコードで接続が可能となりました。

オムロン社 モータ状態監視機器(K6CM)

K6CM

K6CM電流総合診断タイプならモータだけでなくモータの先にあるファンなども含めて監視できます。状態を劣化度として数値化し、しきい値を設定することで異常を判定しお知らせします。メンテナンス時期の判断などに役立ちます。

製品詳細はこちら

オムロン社 モータ状態監視機器(K6PM-TH)

K6PM-TH

制御盤や配電盤などの盤内にある機器の温度をIoTにより常時遠隔監視し、独自のアルゴリズムで異常発熱を予測することで、設備や装置の異常停止リスクの低減と省人化を両立します。

製品詳細はこちら

トッパン・フォームズ社 オントレイシスタグ エディション1(BDT01-LC40)

BDT01-LC40

本体と外部ケーブルの先端の2カ所に温度センサーを装備し、保冷箱内の温度計測だけでなく、保冷箱外の周辺環境の温度計測を行うことができる温度ロガーです。

製品詳細はこちら

日本セラミック社 密検知センサ(AN5-0740-AA02)

AN5-0740-AA02

部屋の密閉を検知するためCO2濃度を計測するとともに、温度・湿度・気圧などの環境情報も同時に計測可能。

さらに、人感センサも搭載し人の在否も同時に確認可能なマルチセンサーです。

緯度・経度から標高情報を取得できるようになりました
(日本国内のみ)

これまでもOpenBlocksでは内部に緯度・経度の位置情報を持つことができましたが、今回位置情報に加え、標高情報を加える事が可能になりました。取得した緯度・経度から標高を自動付加する事ができます。

設定方法はこちら

クリックで拡大

アップデートのパラメータ設定機能追加

通常では設定変更は不要ですが、低速なモバイル回線にてアップデート及びインストール通信にてチューニングすること安定稼働させることができまます。

設定方法はこちら

クリックで拡大

低速モバイル回線使用時における処理改善

昨今IoT通信でよく使われる通信速度256kbpsなどの低速モバイル回線でも安定した通信ができるよう、通信処理が改善されました。

その他アップデート

基本機能

  • WEB UIのセッション管理を修正。
  • OpenBlocks BX1におけるモバイル回線側からのネットワークアクセスが行えない不具合を修正。
  • BLEデバイス検出の最大検出時間を追加。また、検出ロジックを一部変更。
  • アップデート及び機能インストールにおけるタイムアウト値を指定可能なように修正。
  • 新Ver.内蔵バッテリーに対応 (OpenBlocks EX1のみ)
  • ログローテーションの多重起動を抑制。

IoTデータ機能

  • IoTデータログ表示時にセッション切れをしないように修正。
  • AWS IoT coreのShadowNameを用いたDevice Shadowに対応。
  • PD Repaterのltcp送信にてデリミタを設定すると送信できない不具合を修正。
  • PD Handler UARTにてGP(Generic Profiles)のセンサデータを小数点以下第二位で丸めるように修正。
  • PD Handler UARTにてERP2のデータサイズによる不具合を修正。
  • PD Handler BLEにてLogttaシリーズのリビジョン毎の変換処理の不具合を修正。
  • PD Handler SW4xにて1mW 出力時の RF チャンネルの上限値を修正。
  • PD Handler SW4xにてSW42D0-1000 電流センサーノードの積算電力出力の JSON キー名を修正。

アップデートの方法

FW4.0.7へのアップデートの方法は対象製品のソフトウェアリリース情報をご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ窓口 | ぷらっとホーム株式会社
ぷらっとホーム株式会社のお問い合わせ窓口のページです。製品や各種サービス、会社に関するお問い合わせなど、専用フォームやメール、お電話からご利用いただけます。

関連情報

Plat’Home IoT Gateway Software FW4|製品情報 | ぷらっとホーム株式会社
IoTゲートウェイソフトウェア FWは、IoTデバイスの主要な通信規格、及び主要なクラウドサービスとノンコードによる接続を実現する、OpenBlocks搭載のIoTゲートウェイ専用ソフトウェアです。LinuxベースながらWebブラウザでの設定でIoTデバイスと接続でき、Node-RED、Dockerも搭載しています。
OpenBlocks IoTシリーズ | ぷらっとホーム株式会社
OpenBlocks IoTゲートウェイは、IoT黎明期より主要企業のIoTシステムで利用されて参りました。堅牢で壊れにくく、ノンコードでセンサーやクラウドと接続でき、長年のノウハウが詰まっており、The Linux Foundationでリファレンス機として採用されるなど、IoTゲートウェイのベストセラー製品です。
OpenBlocks IX9 (FW4) | ぷらっとホーム株式会社
OpenBlocks IX9は、手のひらサイズでコンパクト、故障が少ないハードウェアなど、20年以上親しまれてきたマイクロサーバーです。VPNサーバー、セキュリティ監視、M2Mのゲートウェイ、オープンソース用サーバー、NTPサーバーやProxyサーバー、ルーターとしてなど、様々な用途に使用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました