WindowsイベントログをEasyBlocks Syslogに転送しよう!

この記事では、WindowsイベントログをEasyBlocks Syslogに転送する方法について紹介していきます!

EasyBlocks Syslogを利用するにあたって…

Windows ServerのログもSyslog収集したい…

WindowsイベントログをEasyBlocks Syslogで一元管理したい…

という場合があります。

Windows Serverのログは「イベント・ログ形式」になっており、「Syslog形式」のログを収集・保存する EasyBlocks SyslogにはSyslog転送することができません。

しかし、NXLogを利用することにより、このイベントログを EasyBlocks SyslogにSyslog転送できるようになります!

 

はじめに

今回は Windows Serverとして、OpenBlocks IX9(Windows 10 IoT)を使用します。

この OpenBlocks IX9には、NXLog Community Editionをダウンロード、インストールをします。

NXLog Community Editionとは、ヨーロッパのNXLog社が開発しているオープンソースの Windowsログ収集ツールです。このNXLogは WindowsイベントログをSyslog形式に変換することができるため、Windowsのログを EasyBlocks SyslogにSyslog転送できるようになります。

 

NXLogのダウンロードはコチラのURLから

Download - Nxlog Community Edition
Download NXLog Community Edition

 

製品環境

EasyBlocks Syslog :ソフトバージョン 1.1.7(初期設定のみ)
OpenBlocks IX9(Windows 10 IoT)
NXLog Community Edition:Windows版

OpenBlocks IX9へ NXLog Community Editionをインストールします。

EasyBlocks Syslogと OpenBlocks IX9は、共通のネットワークに LAN接続しています。

 

参考サイト

【Windows】イベントログをLinuxに転送する #Linux – Qiita
DigiLoog » NXLogでWindowsイベントログをsyslog転送してみた (ns-lab.org)
Windows/Binary/NXLog – nowsky system-lab memo (ns-lab.org)

 

Syslog転送する手順

NXLogの設定ファイル編集

インストールが完了した後、設定ファイルを編集します。

C:\Program Files\nxlog\conf\nxlog.conf

ファイル内容を以下のように変更します。

## This is a sample configuration file. See the nxlog reference manual about the
## configuration options. It should be installed locally and is also available
## online at http://nxlog.org/docs/
## Please set the ROOT to the folder your nxlog was installed into,
## otherwise it will not start.

define ROOT C:\Program Files\nxlog
#define ROOT C:\Program Files (x86)\nxlog

Moduledir %ROOT%\modules
CacheDir %ROOT%\data
Pidfile %ROOT%\data\nxlog.pid
SpoolDir %ROOT%\data
LogFile %ROOT%\data\nxlog.log

<Extension syslog>
Module xm_syslog
</Extension>

<Extension charconv>
Module xm_charconv
AutodetectCharsets shift_jis, utf-8
</Extension>

<Extension json>
Module xm_json
</Extension>

<Input msv>
Module im_msvistalog
Query <QueryList>\
<Query Id="0">\
<Select Path="Application">*[System[(Level=1 or Level=2 or Level=3 or Level=4)]]</Select>\
<Select Path="System">*[System[(Level=1 or Level=2 or Level=3 or Level=4)]]</Select>\
<Select Path="Security">*[System[(Level=1 or Level=2 or Level=3 or Level=4)]]</Select>\
</Query>\
</QueryList>
Exec $Hostname = hostname();
Exec $raw_event = "json=" + to_json(); $SyslogFacilityValue = 21;
Exec convert_fields("utf-8", "utf-8");
</Input>

<Processor tra>
Module pm_transformer
OutputFormat syslog_bsd
Exec $Message=(": "+$raw_event);
</Processor>

<Output udp>
Module om_udp
Host xxx.xxx.xxx.xxx
Port 514
</Output>

<Route 1>
Path msv => tra => udp
</Route>

<Input msv><Select Path=”Application”><Select Path=”System”><Select Path=”Security”>では各イベントログの出力とLevelを指定しています。
Level1=CRITICALLevel2=ERRORLevel3=WARNINGLevel4=INFO

<Output udp>の Hostには、EasyBlocks Syslogの IPアドレスを指定します。
          Portには、514を指定します。

EasyBlocks Syslogは、ポート514に転送されたSyslog形式のログを自動で収集することができます。

 

以上でNXLogの設定ファイル編集は完了です。

完了後、EasyBlocks Syslogに画像のようなログが転送されてます。

 

最後に

今回は、WindowsイベントログをEasyBlocks Syslogに転送する方法について紹介しました。EasyBlocks Syslogを利用している方で「Windows Serverの状況も確認したい!」という場合のご参考になれば幸いです。

 

OpenBlocks IX9 (Windows 10 IoT) | ぷらっとホーム株式会社
OpenBlocks IX9は、手のひらサイズでコンパクト、故障が少ないハードウェアなど、20年以上親しまれてきたマイクロサーバーです。VPNサーバー、セキュリティ監視、M2Mのゲートウェイ、オープン...
EasyBlocks Syslog シリーズ | ぷらっとホーム株式会社
EasyBlocks SyslogアプライアンスはSyslogサーバー専用機です。年々肥大化していくログ情報に対して、汎用サーバーでは、保存領域の問題や管理も容易ではありません。簡単に導入・設定作業が...

また、EasyBlocks Network Reporterにも同様の設定でSyslog転送することができます。

EasyBlocks Network Reporter | ぷらっとホーム株式会社
「EasyBlocks Network Reporter」はヤマハ製RTXルーター製品のCPU・メモリの使用率やネットワークトラフィックの負荷状況などを日々するレポーティングする機能に加え、各種サーバ...
タイトルとURLをコピーしました